印鑑 はんこ屋 作成店舗ナビへようこそ。
このサイトでは全国で印鑑を製造している業者様や、はんこを販売している店舗様の情報を掲載しております。
印鑑を作成したい場合に是非お気軽にご利用下さいませ。

企画書に押印するはんこの大切さを考える サラリーマンやOLの方であれば、上司や得意先に見せる企画書等の書類にはんこを押印する事が必ずあります。 はんこの印象を良くしたいと考える方は多くいるかと思いますが、はんこの印象とい… もっと読む »

日本ははんこ社会の国ですが、どんどん注目されなくなっている存在でもあります。
日々忙しい中、はんこの事を考える事は地味だし、考える事に意味があると考えている人は少ないでしょう。

しかし多くのビジネスパーソンは自分の印象を上げていきたいと考えているはずです。
そんな時はんこの話は穴となってしまっていますが、はんこの事をしっかり知る事こそ、自分の印象をアップさせる事に繋がります。

その理由は、はんこを見る人というのは、はんこが押された書類と自分とが密接に関わってくることを知っているからです。

例えば、はんこが申請書や報告書に押されていた際、上司は書類を受け取ってから自分の責任が発生します。
はんこが見積書に押されていた場合は、得意先は実際に支払いをしなければなりません。

そんな時、頼りないはんこが押されていると、書類の中身まで心配になりますし、はんこを押した人がどうゆう人なのかを考えます。つまりはんこの印象は、はんこを見た人の身と密接に関わる事になります。

ですが、多くの日本人はビジネスマナーには厳しいのに、人が押したはんこには口を出すことは殆どありません。
つまり常日頃ビジネスマナーを徹底していても、自分が押したはんこでは素顔をさらしている事になります。

はんこは安いものから高いものまでさまざまなものが販売されています。高ければ良いというものでもありませんし、同じはんこを使っても押し方で印が変わります。
ですが「どんなものでも印が押してあればいい」という考えだと、その気持ちがそのまま印に反映され、ひいては相手にも伝わってしまう危険性があることを知っておく必要があります。

だからこそこのサイトでは、全国の店舗情報を紹介し、あなたに合ったお店を見つけてもらうために運営しています。
はんこに対する印象は人それぞれ。押し方も人それぞれ。使われている素材も各々の好みがあります。
ですがはんこを選ぶ際は、どんなはんこであれば自分の印象を良くしてくれるか?という目線で選ぶ事も重要です。